HOME > ご依頼の流れ

ご依頼の流れ

ご依頼の流れ

ご依頼の流れ(法人)

顧問弁護士をお探しなら、一度お話しを。まずは「顔合わせ」から

自分に似合う服を探していくつかの店舗を見て歩くように、どの弁護士が御社に合うのか探す際、ぜひ一度当事務所もご検討ください。
「顧問弁護士」は、企業と長いお付き合い、きちんと信頼関係を築くためにも、まず顔を合わせたお話しから。

セカンドオピニオンとしてのご利用もぜひ

すでに顧問弁護士がいる企業の方も、またすでにこの弁護士に依頼しようという当てのある企業の方も「ほかのやり方」があるかどうかを知ることはマイナスにはなりません。
抱えていらっしゃるトラブルや問題をお話しいただき、当事務所ならこう対処する、とお話しする中で、当事務所の取り組み方もお分かりいただけると思います。

スポット依頼も

顧問契約を結ぶことは考えていないが、単発で案件を依頼したい。そんなご依頼も大歓迎です。

ご依頼の流れ(個人)

まずはご相談から

当事務所では最初の相談は無料です! しかも時間制限無し!
ご自身で考えに行き詰まってしまったら、ぜひ弁護士をご利用ください。法的に公平な目でアドバイスいたします。初回相談は無料です。心ゆくまでお話しください。
「会って、話す」ことから。まずはそこからお付き合いが始まります。相談はお気軽に。

皆様のお役に立てることが喜び

初回に相談したら、何が何でも依頼しなければいけない?
そんなことはありません
話しているうちに、ご自身の気持ちの整理がついてきて、何となく自力で解決できる気がしてくることもよくあります。また、必ずしも弁護士が出ていかなくても解決できる道が見つかることも。それでも、当事務所がお話を聞くことでお役に立てたわけです。皆様のお役に立てること、それが弁護士の喜びです。

一緒に取り組みましょう

当事務所ではお話しをうかがい、事務所サイドで手続きを行い、結果だけを依頼者の方にお伝えするというやり方をしておりません。極力、手続きにご参加いただき、ご自身の目で過程をご確認いただくようにしています。
「過程を確認する」ことで、依頼者ご自身の気持ちが変化してくることもあります。また、過程を納得していただくことで結果の受け止め方が違います。

一般人にはわかりにくい医療事故のご相談にも対応

一般人にはわかりにくい医療事故のご相談にも対応

医療事故の過失については、非常にわかりにくいものがあります。医療そのものが専門知識を必要とするもので、素人にはよくわからないことが多いこと、また治療の多くが密室で行われるため、実際に何が行われているかわからないことが主な理由です。その医療事故が、責任を追及すべきものか、そうではないのかの判断のお手伝いをいたします。

一般人には、問題としている医療そのものの概要を知る術がありません。法的立場のしっかりしている弁護士だからこそ、当該医療の概要を調査することができます。

また、必要とあれば、関係方面からの情報収集も可能です。そのうえで当該医療事故が、防ぎようのないものだったのか、事前の予防が可能だったか、また事後の対処に問題がなかったか等を検討・判断いたします。

よくわからないことはストレスの原因

最終的に裁判にならなくても、概要を知るだけで辛さやストレスから解放されるものです。

与えられた結果(家族が亡くなった、治ると言われていたのに治らないなど)は変わらなくても、当該医療の概要が分かると納得できるもの。辛さやストレスの原因は、結果そのものだけでなく「よくわからないこと」にもあるのです。