HOME > 弁護士・事務所紹介

弁護士・事務所紹介

弁護士・事務所紹介のメインイメージ

アクセス

新栄町駅徒歩7分

弁護士 松山 健

弁護士 松山 健のイメージ
経歴

1971年金沢市生まれ。中央大学法学部卒。
【所属】愛知県弁護士会

司法修習生として名古屋に配属されたことで、それ以降、名古屋を拠点にする。
大手弁護士法人に10年間所属し、弁護士の経験を蓄積する。
2014年1月に独立し「たいよう法律事務所」を開設。

「医療過誤問題研究会」所属
「医療事故情報センター」嘱託

医療事故に対する想い

医療ミスに対する想いのイメージ

弁護士になってから継続して、患者側の立場で医療事故に取り組んできました。

医療は、人の生命と健康を守る大切なものであり、それに携わる医師をはじめとする医療従事者のみなさんのお仕事はほんとうに尊敬すべきものです。

人の命を預かる大切な医療だからこそ、より安全で質の高いものであることはだれもが求めるところです。

不確実な病気に取り組む医療者は大変なのだから事故が起こってもわざと起こしたのでなければ責任を問うべきじゃないという観点もあります。

たしかに医療従事者の大変さや患者さんを思っての献身にはほんとうに頭が下がります。

それでも、医療はだれにとっても身近なもので、実際に自分の大切な家族が不注意によって帰らぬ人となったり、自分が一生残る障害を抱えてしまったりした場合に、はたしてそのように思うことができるでしょうか。

弁護士として医療に厳しい目を向けて、チェック機能を働かせることも、より安全で質の高い医療の実現のためには重要だと考えています。

医療事故は深刻な被害を生じてしまうことがあります。過去にも痛ましい事故が起こり、同じような事故が繰り返されるということもあります。

本来、注意が尽くされていれば、起こる必要のなかったようないわゆる医療過誤といえるものについては、医療機関に責任を問うことによって、被害回復と再発防止を図ることは必要なことであるはずです。

不幸にして医療事故により命を落とされたり、重大な後遺障害を抱えて生きていかなければならない患者さんやご遺族の苦しみは本当に重いものです。

いくら謝罪を受けても賠償がなされても、亡くなってしまった大切な家族は戻っては来ないし、依然として障害を抱えたまま暮らしていかなければなりません。

とはいえ、医療過誤だったのではないかとの疑念を抱えながら、このような苦しみを向き合うこと自体がとても苦しいことです。

多くの医療事故は、被害が起こったことははっきりしていても、それがどのような原因で起こったのか真相がわからないということがむしろ普通であり、それだけに、被害者としては、このまま何もしないで我慢すべきなのかどうすればよいのかもわからず悶々としてしまうということになりがちです。

医療事故調査を行うことで、専門家の意見を聞くなどして、より真相に近づくこと自体がこのもやもやしたストレスに満ちた状態からの解放につながることになると思います。

医療トラブルについて詳細はこちら

料金

当事務所では、初回相談は無料とさせていただいております。

取り扱い案件

当事務所では以下の案件に関して取り扱い実績があります。
ご覧いただければわかるように、家事、民事、刑事と、ほとんどの分野をカバーしております。
おひとりで悩まず、まずはご相談ください。

まずはお話しいただくことが、問題解決への第一歩です。

また、セカンドオピニオンとしてもお使いくださいませ。

 
取り扱い案件

たいよう法律事務所の特徴

依頼者の方と向き合う「個人事務所」ですのイメージ
依頼者の方と向き合う「個人事務所」です

当事務所は弁護士1名、事務員1名の小さな事務所です。
その分、依頼人の方との距離が近く、直接依頼人の方と向き合い、二人三脚で問題解決に向けて取り組むことができます。

依頼者さまの「たいよう」の笑顔を取り戻したいのイメージ
依頼者様の「たいよう」の笑顔を取り戻したい

依頼人の方を太陽に見立てるならば、弁護士は月の存在です。私は、依頼人の方がご自分の人生の問題にご自分で取り組むことのお手伝いをするのが役目だと考えています。

トラブルを抱えられている場合、だれでも気力をなくしたり、視野が狭まりがちになったり、なにをどうしたらよいのかもわからず、雨雲に覆われたような状態になるのが普通です。

はじめて相談に来られたときには雨雲に曇らされていた依頼人の方が、事件が解決したときには、雲が晴れて、太陽のような輝きを取り戻してくれることこそ、なにものにも代え難い喜びです。

医療ミス案件の実績が豊富ですのイメージ

医療事故の実績

当事務所では、医療事故の案件を多く取り扱っています。
ご相談ください。

心安らげる事務所の雰囲気のイメージ
心安らげる事務所の雰囲気

当事務所は、レトロな雰囲気に満ちた「大洋ビル」に構えています。
1931年の建築で、古典的な様式が見られる建物は、それ自体がクラシカルな空間です。事務所内はアンティークな品に囲まれ、より落ち着いた雰囲気となっています。
苦しみや悲しみをひとときでも忘れ、くつろいだ雰囲気でお話をうかがうことができます。