HOME > 弁護士の選び方

弁護士の選び方

相談の流れのイメージ

弁護士はどのように選ぶ?

初回相談のイメージ

弁護士は社会生活上の医師と評されることもあるように、弁護士の業務がカバーする範囲は社会生活全般に及びます。

従来、法律事務所は敷居が高いと言われてきました。

しっかりした紹介者からの紹介がなければ、相談を受けないとか、相談料も決して低いとは言えない額であることが多く、一般市民の方にとって、弁護士は裁判等のトラブルに巻き込まれない限り、一生縁のない存在というイメージがあったように思います。

最近は、法律事務所の広告も増え、初回相談は無料という法律事務所もあるので、かつてに比べて、弁護士に相談するまでのハードルは低くなっているといえます。

なかには、いろんな法律事務所に相談に行って、どこに依頼すればいいか決断できなくなってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。


弁護士と医師には似たところがあります。

私自身、もし自分や家族が深刻な病気にかかって医師を選ばなければならないとしたら、大切な健康や生命に関わるだけに、しっかりと選びたいと思います。

もちろん腕のよい先生がいいですし、私に任せておけば大丈夫!といった頼り甲斐のある人なら、より安心できるように感じます。

とはいえ、専門家としての能力を評価することは専門外の自分には困難なので、知人の評価などの口コミやクリニックや病院の建物が立派かとかホームページの印象から当たりをつけて、このお医者さんならいいんじゃないかと思うところに実際に受診してみて、医療機器等の設備がちゃんとそろっていて、その先生が人当たりがよく、自分と相性がよさそうだったらお任せするということになると思います。

レストラン選びのように、自分の舌で味見して、利用するかどうか決めるということはできません。

なにせ、実際に味見することが自分の病気、健康、身体、生命を任せることになるからです。

その後、任せるまではわからなかった医師の技量も、素人判断とはいえ、実際に任せた後は少しずつ感じ取れるようになってきますし、治療結果という形で、期待した成果を出してくれるかは、時間が経てばわかります。

首尾よく、期待通りの成果が出たら、めでたしめでたしで終わりです。

結果さえ出してくれれば、診療過程でぶっきらぼうな態度を示されたことがあったとしても、結果の出た今となっては、そんなことはむしろその先生の辣腕ぶりを示す証でしかありません。


しかし、深刻な病気であればあるほど、当初希望していたような成り行きとは違う結果になる場合もあるはずで、そんな場合でも、お医者さんに感謝して終わる場合もあれば、そうでない場合もあるはずです。

それは、患者として医師に身を任せる自分にも、医師が自分のために病気と闘ってくれており、病魔を倒す結果に至らなかったとしてもそれは一概に医師のせいだとはいえないということがわかるからです。

そして、この場合に、医師が病気に対して最善の努力を尽くしてくれた結果として納得して感謝できるかどうかは、治療のプロセスから患者である自分を置いてけぼりにすることなく、治療法や手術の術式の選択などの重要な岐路では、ちゃんと患者である自分に、現在の病状の深刻さや治療法等のメリットやリスクについて十分な情報提供とわかりやすい説明をして、そのうえで、一緒に悩みながら、選択をさせてくれていたかということにかかってくると思います。

患者さんは私に任せておけばいいんだというスタイルで、その医師が自分なりによいと判断する治療法や手術を患者さんへの説明や同意の取り付けもそこそこに強引に断行されたのでは、そうはならないはずです。

たとえば、歯医者さんに虫歯になったらしく奥歯が痛いといってかかったところ、気がついたら前歯が抜かれていて、神経が死んでたから差し歯にしときましたと事後報告で治療方針を説明されたとしたらびっくりしないでしょうか。

乳がんの患者さんにとって、乳房切除術以外に他の療法として乳房温存療法があるのであれば、それについてしっかり説明を受けて、自分で利害得失を判断したうえで治療法を選択できなければ、かりに生命は助かったとしても納得などできないのではないでしょうか。

弁護士の仕事も結果に向けてのプロセスが依頼人の方の人生を左右することになります。

それだけに、弁護士が依頼人の方が求める結果を獲得するために全力を尽くすことはもちろんのことです。


ただし、その人その人で、弁護士が関わる事件において求めることというのは異なります。

事件・事故の被害に遭った方の求めることも、加害者の反省や謝罪、さらには制裁であることもあれば、事件の真相の解明であることも、同じ事故の再発防止であることもあれば、金銭的な賠償のことも、自分の人生の中での事故という出来事による心理的な葛藤にけりを付けることに重点があることもあります。

弁護士は精神科医や臨床心理士ではありませんし、法律家として法的に問題を解決するための手助けをする立場ですが、とはいえ、自分の価値観で、その方の求めることを決めつけたり、評価することはせず、一緒に悩んで解決への道を探っていきたいと考えています。

その意味で、当事務所では、セカンドオピニオンとしての相談もお受けしますし、とりあえず、話だけ聞いてみようかという相談もお受けします。

ぜひお気軽にご相談ください。