HOME > 労働問題

労務トラブル

労務トラブルのメインイメージ

労働者の権利について

労働者の権利についてのイメージ

職場は、様々な個性を持つ人たちが集団で共に働く場なので、ストレスが溜まる場所でもあります。残念ながら現在、職場でうつ症状を発症してしまう人は増加の一途をたどっています。その一方で、いわれなき解雇で突然、職を失ってしまう人もいます。
その他、給料の未払いやサービス残業の強要、残業代の未払い、セクハラ・パワハラなど、理不尽な労働上のトラブルはあとを絶ちません。

労働者が権利を主張することは、経営者側の反省をうながし、より健全な職場環境づくりにつながるものです。

力関係で一方的に押し切られる前に、専門知識を持った弁護士に、健全な職場環境づくりのお手伝いをさせてください。
他方で使用者側からすると、最近は逆に「労働者の権利」を振りかざす人が増えていることも事実です。それは単なるクレーマーであり、かえって労働環境を悪化させる原因にもなりかねません。

あくまで社会常識とルールに照らし合わせ、言うべきことは言う、守るべきルールは守るというスタンスで対応させていただいています。

労働審判とは

労働審判とは、近年大きな問題になっている労働問題を解決することを目的に導入された審判です。
解決までの時間が早く、柔軟性が高いことが特徴です。
しかし、そのための準備には、労務に関する専門的な知識が必要となります。労働審判を申し立てる場合、弁護士に依頼することをお勧めします。

夫、子どもが少しおかしいと感じたら

夫、子どもが少しおかしいと感じたらのイメージ

いわゆる「ブラック企業」の問題が、世間を賑わせています。
正社員という肩書をエサに、低賃金で長時間労働を強制し、心身ともにボロボロになって最後は使い捨てにされる。そんな状況に、夫や子どもが追い込まれていませんか?

夫、子どもの様子が少しおかしいと感じたら、まず本人から話を聞、手遅れになる前に、しかるべき処置を早急に取るべきです。

弁護士に相談することで変わること

労働者と雇用者の間の話し合いは、そもそも、労使という上下関係があり、なかなかスピーディーには進まないものです。しかし、のらりくらりと話をかわすことが、そもそもの思惑であるともいえるでしょう。
弁護士が話し合いに入ることで、雇用者は「ことの重大性」に気付きます。雇用者が自身の社会的な立場を理解し、話し合いの姿勢を変えることで、問題の早期解決が期待できます。

転職に影響は出ないのか

「労使トラブルを起こすと転職に影響が出る」と、雇用側に脅された場合、それは根拠のない言いがかりです。怖くありません。