Q&A(交通事故)

交通事故

相手方の保険会社からの示談額が提示されたのですが、はたして提示額が妥当なものなのかわからず、弁護士に依頼して仮に増額になったとしても、最終的な手取り額が多くなるのか不安です。

交通事故による損害の計算方法には一応の算定基準があります。もっとも、保険会社が示談代行で提示する基準は裁判の場合に裁判所が採用する算定基準よりも低いことが通常です。また、本来、後遺障害と評価されるべき障害が後遺障害と認定されていなかったり、認定されていても等級が上がる可能性がある場合等には、弁護士が入ることで裁判基準を基に交渉して大幅増額することも十分ありえます。

他方、回収額が増額しても弁護士費用を差し引くとむしろ手取り分が小さくなるということもありえますので、そのような場合には、見通しをご説明いたします。

この点、弁護士費用特約が使える場合であれば、弁護士費用を差し引いて考える必要がないので、弁護士に依頼して交渉を進めるのが得策と言えるでしょう。

相手方の保険会社からの示談額が提示されたのですが、はたして提示額が妥当なものなのかわからず、弁護士に依頼して仮に増額になったとしても、最終的な手取り額が多くなるのか不安です。

交通事故による損害の計算方法には一応の算定基準があります。もっとも、保険会社が示談代行で提示する基準は裁判の場合に裁判所が採用する算定基準よりも低いことが通常です。また、本来、後遺障害と評価されるべき障害が後遺障害と認定されていなかったり、認定されていても等級が上がる可能性がある場合等には、弁護士が入ることで裁判基準を基に交渉して大幅増額することも十分ありえます。

他方、回収額が増額しても弁護士費用を差し引くとむしろ手取り分が小さくなるということもありえますので、そのような場合には、見通しをご説明いたします。

この点、弁護士費用特約が使える場合であれば、弁護士費用を差し引いて考える必要がないので、弁護士に依頼して交渉を進めるのが得策と言えるでしょう。