弁護士費用を事件の相手方に負担させることは可能ですか?

ガイドブック たいよう知恵袋 依頼 費用

弁護士への「依頼」に関するご質問

弁護士費用を事件の相手方に負担させることは可能ですか?

弁護士からの回答

かつて弁護士費用の敗訴者負担制度が検討されたことがありますが、導入に至りませんでした。
現在、交通事故や医療事故等の損害賠償事件の裁判では勝訴の場合に裁判所が弁護士費用の支払いを被告に命じる場合がありますが、その場合を除いては、一般的に、示談交渉、裁判における弁護士費用は、弁護士に依頼される方ご自身での負担となります。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

Consultation

ご相談はこちらから

たいよう法律事務所では、法律に関わるご相談はもちろんのこと、人生の中にある、様々なお悩みなどにも対応いたします。あなたが困ったとき、頼れる家族のような身近な存在でありたいと願っています。

Peace Maker
たいよう法律事務所

住所
〒461-0002 名古屋市東区代官町39-22 大洋ビル404
TEL
052-938-4621
営業時間
10:00~20:00

※営業時間外、定休日も電話、メール対応にて相談が可能です。 (電話相談を希望しているけれど、自分から電話するのは苦手という方はメール・LINEでご連絡いただければ、弁護士からお電話いたします)

※LINE公式アカウントで友だち登録していただければ、相談予約を簡単に行っていただけます。LINE公式アカウントの「友だち追加」をしたことやメッセージを送ったことを他の方に知られる心配はございません。安心してご登録ください。