HOME > 弁護士・事務所紹介

現に困りごとを抱えている

相談することが課題解決に向けての第一歩です

弁護士・事務所紹介

早めの相談が何より大事

病気やケガをしたときには、迷わず病院を受診します。

早めに受診して診察を受けたり検査を受けたりすれば、問題があれば見つかって早期治療ができるし、問題がなければ安心して日常に戻ることができます。

法的問題も同じで、顧問契約があったり、日常的に定期通院のように相談をしている場合であれば、対処の必要な事態をはっきり自覚する前の芽のうちに見つけて摘んでしまうことができますが、日ごろから接する弁護士事務所がない場合には、自分で問題だと自覚した段階になってようやく弁護士に相談に行くということになります。

病気でいえば、高熱が出て具合が悪くなってからお医者さんのところに行くような場面なので、早めの相談が必要かつ有益なのは言うまでもありません。

問題によってとるべき対処が変わります

心安らげる事務所の雰囲気

法律問題のバラエティ番組などを見ても感じられるように、同じ法的トラブルに対する解決方法は、法律家の数だけ存在しうるといえます。

問題を解決するためには、誰を相手方にすべきか、どのように法律構成するか、複数の構成が可能だとして、絞り込んで攻めるのが得策か並列的に多面的に搦め手で行くのがよいのか、その請求・主張をどのような手続きを使って主張して実現していくのが効果的か、といった戦略的な側面がなりゆきを大きく左右します。

そして、このような戦略は、医師が疾患に応じた複数の治療法についての知見を持ち、検査や診察に基づく診断を基礎に効果的な治療法を選択するように、相談での事情聴取を通じての弁護士の問題発見能力や解決のための道具となる法的な知識とそれを実際に活用する交渉や調停、裁判の経験に基づく筋読み、見立てを通して立てられることになります。

そして、お医者さんが医師としての専門知識は豊富で優秀であっても、患者さんに理解しやすく説明することは苦手であったりあまり重きを置かなかったりすると、総合的には満足な治療ができないことが多いように、弁護士も職人技的な交渉スキルや弁論術とは別に、相談者・依頼者の方に納得の上で自己決定できるよう十分な理解が得られるよう説明する意識や能力が必要です。

当事務所では、弁護士は職人でありつつサービス業として、結果を出すことだけに意識が持っていかれないよう、弁護士が任され切りになりすぎず依頼者の方と一緒にプロセスを進めることを大切にしたいと考えております。

まずは、相談によって、依頼を受けて進めるべき案件であれば、事案の解決のための本質的なポイントと、事案の見通しと取りうる方策をあらゆる面からお示しして、一緒に対処を選択できるようご理解いただけるようご説明いたします。

相談料


相談料は、消費税込みで1時間11,000円です(超過した場合、30分単位で5,500円の追加料金が発生します)。


LINE予約、メール、お電話等で面談日時を調整してご来所いただいての面談相談の実施となります。


弁護士事務所はいまだに敷居が高いように感じられる方が多いです。


相談に行くと必ず何か依頼をしなければならないのではないかと不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような心配はご無用です。


当事務所の基本的スタンスは、相談者の方にとっても弁護士の側にとっても、依頼いただくのがメリットになる場合にしか受任しない(「7つの習慣」で言う”win-win or no deal”)という原則にのっとっています。

弁護士に頼めば現状の交渉状況よりも増額は見込めるけれど、弁護士にかかる費用を勘定に入れると、総合的に赤字であったり増額分がほとんどないという場合は少なくとも経済的にメリットはありません(もちろん、金銭的な面だけでなく、事件の解決を図ること事態に、これから前向きに生きていくために必要なけじめとしての意義があることも多いので、相談者の方の真に求めるポイントを重視いたします)ので、そのような場合には、その点をお伝えします。

相談だけで整理のつく問題も少なくありませんし、相談で満足していただけることで、その後の再度のご相談やご紹介につながること自体が当事務所にとっても意義があると考えています。


一度、事務所に訪問して弁護士と話をしていると、いざ相談したいというときのハードルがとても低くなっているはずです。


顔見知りの弁護士をひとり作っておこうというくらいの気軽な感覚でぜひご活用ください。