老人ホームでの虐待問題について

ガイドブック たいよう知恵袋 施設トラブル

弁護士への「施設トラブル」に関するご質問

コロナ禍で面会ができなかった父と先日老人ホームで久しぶりに面会したのですが、顔や腕にあざができていて職員からは転んでできたあざだと説明されました。本人に聞いても怯えた様子で黙ってしまいます。虐待を受けたのではないかと心配です。どうしたらよいでしょうか。

弁護士からの回答

説明を求めても施設側から納得のいく説明がなされず虐待を疑うのもやむをえないようなケースであっても、証拠のない段階でいきなり損害賠償を求めても責任を問うことは困難です。まずは施設の作成・保管している映像や書類等の記録を入手し分析・検討する事実関係の調査を行う必要があります。
任意に開示を求めたのでは、破棄や改ざんの恐れがあるような場合には、裁判官と裁判所の職員と弁護士が施設に出向いて記録等を検証する手続きである証拠保全手続きを裁判所に申し立てることも検討したほうがいいこともあります。
事実関係の確定がその後の責任追及を大きく左右しますので、ご相談ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

Consultation

ご相談はこちらから

たいよう法律事務所では、法律に関わるご相談はもちろんのこと、人生の中にある、様々なお悩みなどにも対応いたします。あなたが困ったとき、頼れる家族のような身近な存在でありたいと願っています。

Peace Maker
たいよう法律事務所

住所
〒461-0002 名古屋市東区代官町39-22 大洋ビル404
TEL
052-938-4621
営業時間
10:00~20:00

※営業時間外、定休日も電話、メール対応にて相談が可能です。 (電話相談を希望しているけれど、自分から電話するのは苦手という方はメール・LINEでご連絡いただければ、弁護士からお電話いたします)

※LINE公式アカウントで友だち登録していただければ、相談予約を簡単に行っていただけます。LINE公式アカウントの「友だち追加」をしたことやメッセージを送ったことを他の方に知られる心配はございません。安心してご登録ください。