交通事故の示談額について

ガイドブック たいよう知恵袋 交通事故

弁護士への「交通事故」に関するご質問

相手方の保険会社からの示談額が提示されたのですが、はたして提示額が妥当なものなのかわからず、弁護士に依頼して仮に増額になったとしても、最終的な手取り額が多くなるのか不安です。

弁護士からの回答

交通事故による損害の計算方法には一応の算定基準があります。もっとも、保険会社が示談代行で提示する基準は裁判の場合に裁判所が採用する算定基準よりも低いことが通常です。また、本来、後遺障害と評価されるべき障害が後遺障害と認定されていなかったり、認定されていても等級が上がる可能性がある場合等には、弁護士が入ることで裁判基準を基に交渉して大幅増額することも十分ありえます。
他方、回収額が増額しても弁護士費用を差し引くとむしろ手取り分が小さくなるということもありえますので、そのような場合には、見通しをご説明いたします。
この点、弁護士費用特約が使える場合であれば、弁護士費用を差し引いて考える必要がないので、弁護士に依頼して交渉を進めるのが得策と言えるでしょう。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

Consultation

ご相談はこちらから

たいよう法律事務所では、法律に関わるご相談はもちろんのこと、人生の中にある、様々なお悩みなどにも対応いたします。あなたが困ったとき、頼れる家族のような身近な存在でありたいと願っています。

Peace Maker
たいよう法律事務所

住所
〒461-0002 名古屋市東区代官町39-22 大洋ビル404
TEL
052-938-4621
営業時間
10:00~20:00

※営業時間外、定休日も電話、メール対応にて相談が可能です。 (電話相談を希望しているけれど、自分から電話するのは苦手という方はメール・LINEでご連絡いただければ、弁護士からお電話いたします)

※LINE公式アカウントで友だち登録していただければ、相談予約を簡単に行っていただけます。LINE公式アカウントの「友だち追加」をしたことやメッセージを送ったことを他の方に知られる心配はございません。安心してご登録ください。